平成29年度 社会福祉法人埼玉慈恵会 埼玉慈恵病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 27 46 43 92 184 369 588 597 273
 当院は、基本理念に「質の高い医療を提供する」、「救急患者を断らない」を掲げ、「地域社会に貢献する」をモットーに日々取り組んでおります。基本理念をもとに内科、外科、整形外科、泌尿器科、脳神経外科の質の高い医療を提供しています。また、小児科を標榜していないこともあり、70歳以上が6割を超える年齢構成となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 92 36.27 20.83 3.26 82.11
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 78 20.85 12.34 1.28 84.81
050130xx99000x 心不全 77 23.60 17.71 2.60 85.84
100330xxxxx0xx 栄養障害(その他) 41 24.80 17.51 0 87.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 32 10.38 5.50 0 65.72
 肺炎全般に対しては呼吸器専門医、感染症専門医が連携して診療を行っています。心不全に対しては循環器専門医が診療を行っています。他にも消化器内科専門医、糖尿病専門医が診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 34 11.71 8.98 5.88 69.09
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 26 6.23 6.64 0 62.15
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 23 16.61 10.61 4.35 81.30
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 22 13.82 7.39 0 72.18
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 20 8.25 7.87 0 64.05
 消化器外科専門医が消化器外科全般の診療を行っています。ハイブリット手術室を完備し、主に胃癌、大腸癌等の悪性腫瘍手術、ヘルニア、虫垂炎等の良性疾患手術を行っています。胆嚢疾患、胆管結石及び胆管炎に対しては、内視鏡手術も行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 95 50.53 27.09 9.47 83.42
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 52 29.33 19.94 3.85 78.17
160760xx97xx0x 前腕の骨折 17 4.35 5.21 0 57.82
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 13 4.69 8.83 0 43.46
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 12 3.50 5.54 0 46.75
 大腿骨近位骨折に対して、医師中心に多職種が関わり急性期から回復期まで手厚く医療を提供しています。手術後早期にリハビリを開始し、再骨折予防に骨粗鬆症リエゾンチームが積極的に介入しています。また、胸椎及び腰椎骨折に対しても、再骨折予防に骨粗鬆症リエゾンチームが積極的に介入しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍(膀胱悪性腫瘍手術) 58 4.59 7.31 0 71.98
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 27 5.11 5.75 0 63.70
110070xx99x20x 膀胱腫瘍(手術処置2-2) 25 8.40 11.31 0 75.44
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 17 8.12 12.92 0 69.65
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 17 5.71 7.64 0 70.18
 泌尿器科専門医が泌尿器科領域全般の診療を行っています。悪性腫瘍手術および良性疾患手術に対して、3D内視鏡、レーザー等の最新機器をそろえており、安全性はもちろんのこと、低侵襲な手術を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - - - - - 1 7
大腸癌 23 18 15 18 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - 19 - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者数を、初発のUICC病期別および再発に分類して集計しています。UICC分類とは、原発巣の深達度、所属リンパ節への転移の有無、遠隔転移の有無により、Ⅰ期(早期)からⅣ期(末期)に分類するものです。初発とは、当院において腫瘍の診断もしくは初回治療を実施した場合となります。再発とは、当院および他院に関係なく初回治療を完了後、当院にて診療した場合、局所再発、新たな遠隔転移をおこした場合となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 6.55 54.09
中等症 61 20.31 83.23
重症 21 28.81 85.29
超重症 11 35.73 81.18
不明 - - -
 肺炎の重症度を示す指標となり、数字が大きいほど重症となります。こちらの指標は、重症度別の平均在院日数、平均年齢となります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 13 110.15 80.46 0
 ICD(国際疾病分類)に基づき、脳梗塞の患者を分類した指標です。今年度より、脳神経外科専門医が脳梗塞の診療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 130 0.08 2.16 0 66.12
K6335 鼠径ヘルニア手術 54 1.39 3.59 1.85 70.17
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 32 1.94 5.06 0 63.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 1.53 7.59 5.88 82.47
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)<全切除> 16 5.94 40.13 0 75.63
 外科上位5位までの手術数、術前・術後日数等の指標です。低侵襲、早期退院を目指して手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 64 4.98 33.27 6.25 82.28
K0811 人工骨頭挿入術(股) 44 6.25 57.48 11.36 82.23
K0462 骨折観血的手術(下腿) 24 2.00 5.42 4.17 57.75
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 15 2.00 9.33 0 53.73
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(下腿)<異物> 15 1.33 2.07 0 42.73
 整形外科上位5位までの手術数、術前・術後日数等の指標です。手術後早期にリハビリを開始し、再骨折予防に骨粗鬆症リエゾンチームが積極的に介入しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 59 1.07 2.97 0 71.93
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 29 1.00 3.69 0 63.93
K843 前立腺悪性腫瘍手術 18 1.00 6.11 0 69.61
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 17 1.00 3.71 0 70.18
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
 泌尿器科上位5位までの手術数、術前・術後日数等の指標です。低侵襲、早期退院を目指して手術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
 DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、その他の真菌感染症、手術・術後の合併症の指標です。また、手術等を行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払っています。手術等により発生し得る合併症については、術前に可能な限り詳しく丁寧な説明を行っております。
更新履歴
2018/9/14
平成29年度病院指標を公開