血液中の血清成分を分析する検査(1)
検査項目 説  明
総蛋白(TP) 栄養状態や肝臓、腎臓の機能が分かります。
ALB(アルブミン)
GOT(AST) 主に肝疾患、心疾患で異常値(高値)を示します。 アルコ−ル性肝障害や脂肪肝でも高値を示します。
GPT(ALT) 主に肝疾患で異常値(高値)を示します。
LDH(乳酸脱水素酵素) 身体のほとんどの組織・臓器に分布する酵素です。 主に肝疾患・心疾患・筋肉の損傷を受けると高値を示します。
ALP(アルカリフォスファターゼ) 主に肝疾患・胆道疾患・骨疾患等で高値を示しますが、各種病態で上昇する酵素です。
γ-GTP 肝・胆道疾患で高値を示します。又、アルコ−ルの摂取量に敏感に反応します。
コリンエステラーゼ(CH-E) 脂肪肝で上昇しますが、その他の肝疾患(肝炎・肝硬変等)で低値を示します。
総ビリルビン(T-BIL) 肝・胆のう疾患で高値を示します。
直接ビリルビン(D-BIL) 肝疾患の状態・診断や黄疸の鑑別の検査です。
CPK(クレアチンキナーゼ) 心筋や骨格筋の損傷で高値を示します。
CPK-MB 心筋に特異性が高いため心筋梗塞等で高値を示します。
総コレステロール(T-cho) 動脈硬化、 肝、 糖尿病、 脂質代謝等の状態を示唆します。
中性脂肪(TG) 食事の影響を受ける検査です。 アルコ−ルや糖分の過剰摂取で高値を示します。
HDL-cho(善玉コレステロール) いわゆる善玉コレステロ−ルです。
LDL-cho(悪玉コレステロール) 高値を示す場合は、脳梗塞、 心筋梗塞等の動脈硬化に結びつく可能性のある,いわゆる悪玉コレステロ−ルです。
尿素窒素(BUN) 腎機能の程度を示します。
クレアチニン(CRE)
尿酸(UA) 痛風で高値を示します。又、腎機能の程度を示唆します。
Na(ナトリウム:電解質) 身体の水分量や筋・神経の興奮の維持など、生命維持に重要な役割を果たします。
K(カリウム:電解質)
Cl(クロール:電解質)
カルシウム(Ca)
無機リン(IP)
アミラーゼ(AMY) 膵炎などで高値を示します。 時に加齢(高齢者)に伴って異常値を示します。

血液中の血清成分を分析する検査(2)
検査項目 説  明
アンモニア(NH3) 肝硬変や高度な肝機能障害時に高値を示します。運動後や食事の摂取後などでも上昇します。
血糖(Glu) 高値で糖尿病又は、 その傾向が示唆されます。
CRP(C反応性蛋白) 体内での炎症の程度が示唆されます。
HCV抗体 C型肝炎ウイルスの感染(治癒後も含めて)を示唆します。
HBs抗原 B型肝炎ウイルスに感染しているか否かを示します。
RPR 梅毒の感染状態を示唆します。しかし、梅毒以外の病原体等によっても陽性を呈したり、治療後でも陽性を呈することがあります。
TPHA

血液中の血球成分を分析する検査
検査項目 説  明
白血球数(WBC) 炎症、 感染症、 などで上昇します。
赤血球数(RBC) 脱水、 多血症、 貧血などを示します。
ヘモグロビン(Hb)
ヘマトクリット(Ht)
血小板数(Plt) 止血に作用する血球です。
HbA1C(グリコヘモグロビン) 過去1〜2ヶ月程度の血糖の平均状態を示唆します。

その他の検査
検査項目 説  明
尿検査:比重 主に腎臓の機能を示します。
尿検査:PH
尿検査:蛋白 腎疾患、高血圧症などで陽性を示します。
尿検査:糖 血糖と照合し糖尿病の有無を示唆します。
尿検査:ウロビリノーゲン 脱水や肝・胆道疾患で陽性を示します。正常は(±)です。
尿検査:潜血 血液が尿に混じると陽性を示します。

病院長挨拶 病院案内 診療科案内 受診案内 地図・交通案内 各委員会活動 検査項目説明 お知らせ